HOME > 手稲山クリニックについて > 院内の様子

手稲山クリニックについて

院内の様子

車椅子や足腰の不自由な方にも安心して来院頂けるよう、院内はバリアフリー対応を施しております。

  

医療設備・機器

手稲山クリニックでは、様々な医療設備を備えています。

64列マルチスライスCT装置
当院では、世界最高水準の放射線画像診断装置である「64列マルチスライスCT」を導入いたしました。この装置は瞬時に64断面(スライス)が同時撮影できるマルチスライス技術を搭載し、頭部、胸部、腹部、心臓等の断層像(輪切り)や立体像(3D)の鮮明な画像が得られ、従来のCTでは診断できなかった冠動脈の病変(心筋梗塞や狭心症の原因)も確認でき、質の高い検査が行えます。 その他、脳動脈瘤や全身の動脈硬化の重症度判定、肺・肝・膵・腎などの早期癌の有無にも威力を発揮します。また、撮影時間の大幅な短縮により患者様のご負担も大幅に軽減されます。 心臓病の早期発見などに非常に有用です。

当クリニックで撮影した心臓のCT画像

内視鏡検査装置(オリンパスCLV260)
精密画像に加え、1.8倍まで拡大観察が可能な装置を備えております。また当院では鼻から(経鼻)の内視鏡検査も可能です。


頸動脈、甲状腺、乳腺、心臓、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脚の血管などの検査を身体に負担をかけずに行うことができます。

このページの先頭へ