HOME > 診療科目 > 肝炎

診療科目

肝炎

肝炎と一口に言っても、その経過からは、急激に生じる急性肝炎、それが高度になり肝機能が低下し意識障害を来してしまう劇症肝炎、あるいは長期間に渡り炎症が続く慢性肝炎などがあります。
またその原因も、A型・B型・C型などの肝炎ウイルス、その他のウイルス、アルコール、薬剤、健康食品、自己免疫(橋本病の説明参照)、脂肪肝(脂肪肝の説明参照)など様々です。
それぞれの病態に合わせた治療を行いますが、中でもB型・C型肝炎ウイルスによる慢性肝炎の治療はどんどん進歩していますので、何年も放置されている方は一度診断を受けてみるとよいと思います。

このページの先頭へ