HOME > 診療科目 > 過敏性腸症候群

診療科目

過敏性腸症候群

お腹の調子や便通が慢性的にすっきりせず、特に出勤時や登校時などに電車に乗ったり、大勢の人前で話をしたりするときに調子が悪くなる方はかなり多くいらっしゃいます。
そのような方に必要に応じて血液検査や便検査などを行い、明らかな原因が見つからない場合、過敏性腸症候群と診断されます。人間の脳と腸には密接な関連があり、ストレスなどがその症状に関係すると言われています。
重大な病気には至らないものの、ご本人は生活に支障を来すなど辛い思いをされます。生活習慣の改善が大切ですが、様々なタイプの内服薬がありますので、気軽にご相談いただくとよいでしょう。

このページの先頭へ