HOME > 診療科目 > 逆流性食道炎

診療科目

逆流性食道炎

胃の内容物が食道に逆流すると、胸焼けなどの症状が出たり、食道粘膜に炎症が起きたりすることがあり、胃食道逆流症といいます。
胃食道逆流症の方に内視鏡検査を行うと、食道の粘膜に赤みや潰瘍などがみられることがあり、逆流性食道炎と呼ばれます。
胃酸が食道に逆流して食道の粘膜を傷つけるために生じますが、胃酸の逆流の原因としては、食道が横隔膜を貫いている部分(食道裂孔)がゆるんで、胃など本来横隔膜の下にある内臓が上に入り込んでいる状態(食道裂孔ヘルニア)がよくみられます。胃酸の分泌を抑える薬で治療します。

このページの先頭へ