HOME > 診療科目 > 睡眠時無呼吸症候群

診療科目

睡眠時無呼吸症候群

御家族からいびきがひどいと言われたり、日中眠くなったり、朝に頭痛がしたりする方はいませんか。そのような方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
一晩機械を装着して行う検査を行い、一時間に無呼吸や低呼吸が5回以上あると睡眠時無呼吸症候群と診断されますが、重症の方では30回を超えます。寝るときの体勢を工夫する、飲酒を控える、肥満の方はやせる、などの対処をしますが、重症の方は寝るときに口に特殊なマスクを装着し圧をかけて気道の閉塞を防ぐ治療が行われます。
高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などにも強い関係があり注目されています。

このページの先頭へ