HOME > 診療科目 > 肺炎

診療科目

肺炎

「肺炎」と名のつく疾患には様々なタイプがありますが、外来で多いのは細菌感染が原因の肺炎です。
発熱、咳、痰などの症状を伴い、胸部レントゲン写真で影がうつるのが典型的ですが、非典型的な場合もまれではなく、注意が必要です。
特にご高齢の方の場合、元気がない、食欲がない、などの症状がきっかけで診断されることもありますので、ご家族の方にも気をつけていただきたいと思います。
原因となる菌で多いのが肺炎球菌ですが、これにはワクチンが有効です。
また、マイコプラズマという菌による肺炎もよく話題になっています。

このページの先頭へ