HOME > 診療科目 > 橋本病

診療科目

橋本病

我々の体には外から侵入してくる細菌やウイルスなどに反応してそれらを排除する「免疫」と呼ばれる仕組みがありますが、その免疫が自分自身の組織に対して起きてしまうのが「自己免疫」です。
橋本病は甲状腺に対する自己免疫疾患です。
成人女性の10人に1人程度にみられ、症状のない方が多いのですが、甲状腺が腫れる、だるい、寒い、便秘になる、体重が増える、などの症状で気づかれることもあります。
おばあちゃんが「ぼけた」と思っていたら橋本病だったということもありえます。治療可能な疾患ですので見逃さないことが大切です。

このページの先頭へ