HOME > 診療科目 > メタボリックシンドローム

診療科目

メタボリックシンドローム

脂質異常、高血圧、高血糖は、それが軽症(いわゆる予備軍)で内服治療の対象にならなくても、重なり合うと動脈硬化を進める危険があるといわれています。

内臓に脂肪がたまる腹部肥満の方が脂質、血圧、血糖の異常を複数持っている場合、メタボリックシンドロームと呼ばれます。
腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上ある方で、
①中性脂肪150mg/dl以上、かつ・またはHDLコレステロール40mg/dl未満
②収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上
③空腹時血糖110mg/dl以上

のうち2つ以上が該当する場合に診断され、早期の生活習慣の改善が望まれます。

このページの先頭へ