HOME > 診療科目 > 高血圧症

診療科目

高血圧症

自宅に血圧計のある方は多いでしょう。自宅での高血圧の目安は135/85であり、外来での目安は140/90とされています。運動、飲酒・食事、あるいは緊張などで血圧がある程度上下するのは体の自然な反応といえますが、日常的に高い血圧が持続する場合は治療が必要です。
自宅血圧の記録はとても参考になります。高血圧の原因としては、遺伝的な要素に加え、塩分の取りすぎ、肥満、運動不足などが考えられています。生活習慣の改善から治療は始まりますが、必要に応じ薬の内服も行います。一部の方は腎臓の動脈やある種のホルモンが原因で高血圧になりますので、その検査を行うこともあります。

このページの先頭へ