HOME > 診療科目 > 喘息

診療科目

喘息

喘息は子供だけの疾患ではなく、大人になってからも発症します。
喘息には、発作的にゼイゼイあるいはヒューヒューという音が気道から出て息苦しくなる、というイメージを持たれる方が多いと思われます。
この症状は喘息に伴い一時的に気道が狭くなるため生じますが、その背景に慢性的な気道の炎症や気道の過敏性があり、これらも治療することが大切です。
つまり、喘息では、その重症度に応じて炎症を抑える吸入薬を使うのがよいとされています。
また、タバコ、家のダニや職場の粉塵、風邪など、原因となるような気道の刺激物を確認することも大切です。

このページの先頭へ