HOME > 栄養だより

栄養だより

2017年

11月~2月の寒い時期に猛威を奮うのが「ノロウイルス」です。他の食中毒菌に比べ感染力が非常に強く、その上抗生物質も効かずワクチンもありません。激しい下痢や嘔吐により脱水を起こし、最悪死亡することもあります。ウイルス感染した二枚貝を加熱不十分な状態で食べたり、感染者の触れたドアノブや蛇口、寝具、食品や、感染者の嘔吐物・糞便などを介して感染します。

【予防法】

①  外出時には手洗いうがいを入念に行う(細かいシワにもウイルスは入り込み簡単な手洗いでは落ちないため、石鹸を使い流水でしっかり洗い流す)。

②  他人が素手で触れた可能性のある物は食べない。

③  牡蠣などの二枚貝にはウイルスが生息している可能性があるため、90℃で90秒以上加熱し、しっかり中まで火を通す。

④  ウイルスに感染した人とタオルや寝具を共有しない。調理具やドアノブ、トイレは塩素系の漂白剤で消毒する。

⑤  抵抗力の落ちた状態は感染する確率が高い。暴飲暴食や冷たい食物を避ける、整腸作用のあるヨーグルトを食べるなどして腸の免疫力を高める。

 

下痢や嘔吐などの症状が出た場合はノロウイルス感染の可能性も考え、ただちに医療機関を受診しましょう。

次へ
このページの先頭へ